溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

蛇の抜け殻もそのうち動き出すのか

 

ぼくはそう、ぬけがらになってしまったよ……

 

抜け殻がしゃべるか!

がわだけやぞ。内臓がないぞう状態やぞ。

 

と比喩に突っ込むは野暮であるが、自分が抜け殻だとするならば、成長した別の自分がいるということではないだろうか。

脱皮した時、確かにそこに抜け殻がある。

つまり、

 

自分は抜け殻である。

 

と思った時、貴方は分身しているのだ(え)

抜け殻のあなたがいるとき、脱ぎ捨てた貴方がまた存在している。

抜け殻となった以上、抜けていった新しい何かがいる。

 

ど、ドッペルゲンガーとはまさか……

まさかじゃねぇよ

 

……抜け殻のような人が復帰した時って、融合になるんだろうか。

 

抜け殻の状態になって、出ていった中身がフェーーードイィィン! したら、それは元通りと呼べるのだろうか。

それは抜け殻から戻ったというよりは、抜け殻から着られる皮になったみたいな感じじゃないだろうか。ぎゅうぎゅうになるんと違うか。

 

剥がれる化けの皮になった俺の気持ちを! お前は!

みたいなノリの存在になったというのか。

 

化けるための皮がはがれると、つまりまたもう1人の自分が増える?

 

どっぺるどっぺるげんげんがー?

ゆるきゃらかなにかかな。

 

人間は分身する生き物だった?

 

つまり、人類総忍者?

 

火遁!(マッチ)

スイトン(小麦粉)

ドトン(あ、あなたはおれの……おとん?)

 

うん。

忍者は俺には無理だし、分身もできやしねぇ。

大体ドッペルゲンガーって自分が見たらダメな奴だから増えようはないよね。

 

自分自身とさえ意思疎通できそうにねぇや。

というかドッペルゲンガーの話はしていない。抜け殻の話だよ。

あー! ドッペルのせいで話がずれてしまいました!

俺のせいじゃ……俺か。

 

抜けていった俺 いず 本体。

抜け殻の俺 いず すけーぷごーと。

 

こうですか。わかりません。

わかりません……

 

俺の言葉なんて、ぬけがらみてぇだ……まるで中身がない……

 

はっ! つまり脱皮して成長した文章がどこかにいるはずなんだよ。

さがせ! 中身の全てをそこにおいてきた!

 

違うか。

違うな。