溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

冬景色を見れば心澄み渡るか、それともただ冷え切るのみか

 

うさぎおいしい!

 

という定番のふるさと(歌)ジョークはさておき、昔からなのだが、頭でふとふるさとが流れる時、なぜか途中から冬景色になってしまうのである。

 

冬景色(歌)である。

ふるさとが一瞬で凍り付くみたいなファンタジーな話ではないのだ。

 

なんかそういうメドレー的なやつがあったのか、それを聞いたのか覚えていないがこびりついてるのか。

それともただ俺の頭の中でふるさと冬景色にあくま合体事故が起こってしまったのか。

 

どうしても

 

うぅさぁぎぃおーいし

(中略)

~かの川ぁー

 

から、なぜか

 

げーにこはるびのーのぉーどけしやぁー

 

と頭の中で繋がってしまうのだ。

そしてふるさとのほうは全く思い出せず、冬景色もその部分以外思い出せない呪いに蝕まれる。

輪唱のように頭に響く。

なんなのだろうか。うさぎおいしいとかいってるからか。今冬にさしかからんとしているからか。

ふるさとに弾かれているのだろうか。それとも冬景色に嫌われているのだろうか。

歌のワンフレーズが思い浮かんでとらわれることはあれど、このふるさと冬景色現象はいっつも同じなのだ。

この呪いはどうすればとけるのだろうか。

 

いっつも同じで定期的に調べているような気がするくせに一向に覚えないのが悪いのでは?

覚えれば終わりやん。

 

鍋の締め鍋でしめる

 

南部絵。

 

南部で冬にかけて盛んに書かれる絵の総称。

 

一部では暗闇の中で描く闇南部絵と呼ばれる手法が存在するが、好みがわかれるところであり一般的ではない。

 

過去より多人数で描くという手法がとられてきていたが、昨今では1人南部絵というスタイルも流行っている。

 

 

嘘です。

 

 

この前鍋について書いたばっかな気がして変化球投げたらボークになった。

ここにきて今更どうこう詳しくは言うまい。

 

なんでも鍋で煮れば鍋感がある、これもまたちょっと前に書いた気がするピザと同じく幅広いジャンルに横たわってドーン! している料理、和の部門である所の鍋だが、いかがだろうか。

鍋。

苦手だという人も割といるけど言い出せない雰囲気とかる気がしないだろうか。

鍋。

皆でつつくってのがちょっとな、

という人は潔癖でなくともいておかしくはないのだ。みんなちがってみんないいっていう割にこういう同調圧力強いけど、嫌なもんは嫌でいいのだ。これは克服しなければいけない類のものではないと思うのだ。

鍋。

個人的には平気だけども。

ベネ。

響きだけで続けてみたけどごまかせないな。二文字になるし。

パット連続したら流せそうじゃない? そうでもない?

鍋鍋鍋銅鍋鍋鍋鍋鍋鍋

鍋鍋鍋鍋鍋鍋稲鍋鍋鍋

鍋鍋銀鍋鍋鍋鍋鍋鍋鍋

間違い探しになるかと思ったけど割とパッとわかる感。漢字のセンスがないのか、それとも間違い探しのセンスがないのかわかれるところだ。

もう鍋関係ないやん。

いいや、ごった煮感あるのが鍋なのだから、これでもいいと思うのだ。

 

鍋ならなんかなに入れても許される感あるでしょ!!!!(情緒鍋)

 

冬だから鍋というが、別に春夏秋冬いつ食ってもいいんだよ。

鍋。

なべ……

 

鍋に麺とか米とかパンとか卵とかいれると勝手にシメてくれるらしい。

そら便利だな。

いろんな場面でつかっていこうぜ。

 

そういうことじゃないって。

知ってる。

 

全部入れ。

 

逆にそれは鍋の始まりでしかなくなる〆。

 

トイレットペーパー巻いてミイラ、の発生源ってどこよ

 

夢の中でトイレ……便意を消化する行為をすると現実で漏らしている。

そんな話を聞いたことがある。

 

実際、幼いころはそういうこともあった……気がする。

正直ちゃんと覚えているわけじゃないけどあったあった。あったということにしておこう。

 

現実、痛さとかが違和感として起きた際にフィードバックされることはままあるという事は前もどっかで書いた気がする。

 

ところで、自分は今でも夢でだすもんだすことがあるのである。

いや漏らすしているという話ではないのだ。

 

がっつりトイレってるのに、逆にそういうフィードバックがかけらもないってどういうこと?

という疑問であるわけなのだ。

 

夢の中でもトイレをしたくて、実際すっきりしている感覚まで得ているわけだ。

しかし、本体ボディにとってそれは脳内トイレでしかないから起きた時にはすっきりしていない。

なんだよ脳内トイレって。怪しげな……あやしげ……? あやしげかなこれ……

 

脳内トイレシミュレーションというゲームを行っているがごとくである。

いやもはや脳内トイレシミュレーション(VR)でさえある。

 

しかし、いくらリアルだろうがリンクはしていないのだ。

 

なんだかんだいっているが別にそこはリンクしなくてもいいことではある。

おもらししたいわけではないのだ。そんな特殊プレイは御免被る。

でも、トイレだけ本体のフィードバック制限かかってるのへんじゃね。といいたいだけである。

 

トイレで本体フィードバックがないのだから、夢はそこで終わらないといった事が多く、トイレった後も行動していたりする。

 

もう何度も経験しているのに、起きた後一瞬『やっべ、もらし……てはないな。せやった。というか漏らしてたら大惨事やん。夢でトイレった後大長編映画なみに夢時間たってたし。夢時間ってなんだよクソが』ってなるのはきっとトイレの夢(略)という刷り込みが残っているからなのだろうか。

 

夢でトイレいって、現実でもトイレに行く。

つまり夢には尿意も便意もあるんだ、ということだ(?)

夢と本体のトイレ欲求は別だったんだよ!!!!

 

便意とは夢も希望もないな。

夢でトイレしない限り(狙って見れない)解放されないとは端的にいって地獄なのでは……?

 

 

それが他人に累を及ぼしさえしなければ

 

断捨離という言葉が一般的に広がってどれくらいたつだろうか。

 

ただものを整理することを断捨離といわれているように思えてなんかクエスチョンマーク踊りまくるのである。そう、インド。

じゃあ整理整頓で良くない?

ってなる。ならない?

 

断捨離! 断捨離! ダン&シャーリー!

 

捨てる! 滅ぼす! 別れるサダメ!

 

いや違うくない?

『いらないもの』を捨て去ることで執着をたち、快適な生活を手に入れるんだ! みたいな思想のことらしいんだが。

 

のわりになんか断捨離しよう! っていう人の割合の中でたまに

 

兎に角捨てる!

家族のも捨てる!

 

っての見るんだよ。それは断捨離でいいのか?

家族のも捨てるは逆に者に対しての執着強い……強くない?

 

あとそれやったあとの生活って本当に快適か……? 快適に近づいていると本当に言っているか……?

 

家族関係も0になって快適になる発想なのかもしれないけど、全て捨て去るわけでもない。お前はラーフラだ! とまではしないということ。

それは快適といっていいのだろうか……

 

執着を捨てる、なんてことはモノを捨てるだけで達成できるほど簡単なことではないはずなんだが。

他人のものが気になっている時点でそれを捨てようが、それは他人があらたに手に入れたものが気になる執着を帯びているのだと言えまいか?

 

ちょっと意味が分からなくなる。

 

気に入らないから無断で捨ててやりましたよ!

 

っていうのをなんかオブラートに包んだだけなのでは、と首を捻るわけで。

多分断捨離って言い始めた人は少し調べただけでもそんな想定してないよねって。

 

多分、ヨガとかの流れ組んでるんなら大事なのは執着を脱ぎ捨てて柵から解放される的なことなんじゃないの? 知らんけど。

ものを捨てるってのは過程であって、目指すべき結果ではないような気がするんだけど。

 

断捨離!

って言ってる人をみるとちらほらと物を捨てること自体が目的になっててそれであってるのか? 断捨離。それものを捨てることの執着がある状態といえまいか? とか、じゃあやっぱりただ気に入らないから捨てたいだけじゃんとか、それ大義名分になってませんよねどやっていってる人いるけど、とか、そも執着から解放されていればわざわざ『断捨離しました』とはいわんのではないか? とか、そんな俺の考え方が間違ってるのか……まぁ……いいか……こっちに被害なけりゃ……とかってなったりする

なんか違和感あるんだけど結局なぁなぁになって調べたりするのも中途半端になりがちな話。

 オチは断捨離しました(誤用)

フリスビーみたいにして投げてはいけない。飛ばないからとか、そういう理由ではなくて。いや、生地作る時のあれは違う。

 

ピザというかピッツァというか。

 

ピザの定義とは何か。

 

昨今、日本のピザの種類を見てみるや、その数は増える一方である。

 

ピザ。

ピザといわれて何を想像するだろうか。

斜塔?

それはピサ。

 

定番すぎて寒くなった? そんな時こそピザを食え。

そういう寒さじゃない?

寒さは寒さでしょ!!!!(理不尽にキレる人のお手本)

 

ナポリ

ピザはいろんなところで魔改造されまくってる上に今日本の話したばっかりやろ。日本想像せいや

 

ピザ。

そのスタンダードはやはりトマトとチーズではなかろうか。それに葉っぱ乗ってる? うるせぇ! オシャレ気取りが! ケチャップとチーズのっけただけのお手軽ピザトースト食ってろ! それだけでうめぇだろうが!(暴言)

 

本場の人から見ると日本のピザはピザじゃない何かに見えることがあるらしい。

それはきっと、日本の人が海外の寿司みて『違う、そうじゃない』といいたくなるようなものに直面したそれとよく似ていることだろう。

 

でも多分日本の人だって数十年以上前の人が今のピザみたら戸惑うと思うよ。

ぴざ……え? ピザ……? えぇ……トマトソースもないどころかもはやチーズも乗ってないけど……いやうせやん。騙されんよ。うそでしょ。別の料理……本当にピザ? これが? マジで? 未来だわ……

ってなってもおかしくないでしょ。

まぁ、でももともとチーズ乗ってなかったりってのはあったわけだけど。あくまでも日本で脳が思い浮かべるものと違って戸惑う的な意味でね?

 

しかし、思えばピザは発祥はともかく、広く日本に伝わる形になってどうやら100年も経過していないのだなと意外な気持ちになる。

いや、そんな料理たくさんあるんだけど、ピザのルーツって古代エジプトとか? だった気がする。詳しくは知らんけど。

 

数千年前からゆっくりできたものがようやく伝わって100年経過してないって壮大だなぁ、

とかなんかそういうオチた風なこといっときゃまとめるんじゃなかって思っていってみておわる。

 

終末に吹かれるラッパの音は明らかにスカってもなかったことになるので多分1カウントされる

 

そのものの対応が優れたることを神対応というらしいのだ。

 

神。

 

神の対応とは。

 

神……

 

 

 

……ということで、いきなりサインを求めた私も悪いのですが、周りの空気読めよという視線にさらされて居心地が悪くなっていたところ、〇〇さんが振り向いてこういったんです。

 

「人のおこなうところ愚かなり」

 

とたん、あたりからどこからともなく水が押し寄せること限りなし。

そうしてすべてが水底におさめられたのだ。

曰く、終末である。

 

これ、神対応

 

 

みたいな感じ人がなんかしたらとりあえず滅ぼすね、みたいなのが神対応じゃないのか(偏見)

 

サインを欲しくば10の務めを果たせ。

 

みたい一方的にとんでもねぇこと要求してきたリ、

とにかく嫉妬して蛇にしたり牛にしたり。

なんかすげぇ無理やりさらってきたり。

 

そういうのを神対応というんじゃないのか。(神話並みの感想)

 

むしろ日本でいうとなんでも神対応になっちゃうところがあるんじゃあないか。

八百万だぞ。

どんな対応してもなんかどれかには当てはまりそうじゃない?

 

いやむしろその瞬間神になってる?

神になってるから神対応……?

1人以上の感謝と信仰によって神に昇華したとでもいうのだろうか。

いやでもその場合神になるのは対応した後じゃん。

というか神対応神対応めっちゃいわれてるわけだから、そこらじゅうで神が発生していることになる。

 

……イザナギとかイザナミかなにかなんか?

ちょっとなんかしたらぽこぽこ神生まれる感じか?

今実は神話の最中かなんかか?

 

神〇〇のたびに神が増えるようならそら八百万! っててきとうに数まとめもするよな(なんか色々違う)

 

対応の神ばっか生まれるのは席の取り合いになるのでは……?

(そういうことでもない)

灯台の下で暮らし

 

ゴブリン。

 

それはファンタジー生物。

 

なんかごぶごぶいってたりする。

なんかゴブリンメイジになるとローブ着てたり杖もってたりもする。ブンメイ!

ホブゴブリンとかに進化したりもする。

 

一寸の虫にも五分の魂。

 

ごぶ。

 

ごぶのたましい。

 

ゴブリンの魂……

 

この世界にもゴブリンはいました。

つまりはそういうことなのではないだろうか。(ごぶ違い)

 

虫がゴブリン。

ゴブリンが虫?

 

虫もあまり甘く思ってるとゴブリンになるぞ!

そういうことだろうか。

ゴブリンの魂。

ゴブリンの……

 

ゴブリンの魂、とわざわざ指定している(してない)以上、なにか意味があるのだ。

 

もしや、虫とはゴブリンなのだろうか。

ゴブリンから発生する何かが虫に……

 

いや、なんかすごい気持ち悪い想像になった。やめよう。

 

もうあれだ。進化だよ。

ゴブリンがホブゴブリンになるみたいに虫がレベル上げたらゴブリンになる可能性ひめてんのよ。

それでいいじゃん。半分ゴブリンみたいな感じって意味でいいじゃん。ゴブで五分の魂ってことにしとこうや。