溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

千年生きる鶴はいない

 

豆知識。

いわゆるちょっとした知識。

なんか特に役に立ったり立たなかったりする知識。

 

豆知識をいくつばらまいたら発芽するんだろうか。

 

どういう水を与えたらいいのか。というか豆知識は育ったらどういう花が咲くのだろう。

 

いいや、処理されていて発芽しないようにされているからいつまでも豆知識は豆知識のままということもありうる。

芽知識とは言わぬのである。

発芽知識っていうとなんだかひらめき感ないだろうか。どうでもいい?

 

発芽!

ずんぞろり!

 

って土を通り抜け目を出す感じが知識の萌芽と豆からの発展とダブルミーニングでナイスだね! って感じにならない? どうでもいい?

というか豆知識は植えられているのだろうか。

 

うーん、これは豆知識!

 

と他の人から見て(聞いて)わかるということは、それはむき身のまま豆のままの姿をさらしていることに他ならないのではないのだろうか。

それじゃあダメじゃん。(フランク)

植えよう。飢える前に。ちょっとうまい事言おうとした。ダメだったけど。

ほとんどが豆知識のまま保管されてしまっているのではないだろうか。

 

でもどこに植えたらいいんだろう、と考えた時になんかえぐい感じになった。

そら……だって、ねぇ?

知識は頭に蓄えるわけで。

豆はずぶりと土に埋めたりするそこから根を張るものなわけで。

柔らかな土壌が良かったり水分があったらなおいいわけで。

頭にある柔らかい、水分もなんだかあるものってそら。

 

邪悪な寄生生物か何かかな?

 

豆知識とはスレンダーマンにされる危険な儀式だった……?

 

スレンダーマンは植物じゃない?

なんかにょろにょろしてる触手っぽいのが植物を思わせるのでそれでOKってことで。

背が高いのも植物の成長を暗示しているんだよ! っていえばいいじゃん。じゃんじゃん。

 

着地点がよくわからなくなっても自然落下で着地はしちゃうから

 

人はいろいろなものを食べて動いている。

動くためには燃料が必要だ。

 

ところで、創作においては妖怪等といった存在がいる。

何を燃料とするのかは様々ではある。

 

そのさまざまな中で、所謂負の感情をエネルギーとしている、というものは少なくない。

 

なんと悍ましい!

 

といわれるものだ。

いや、なんでも食う雑食のほうが被害的にはえぐない……?

 

食われたらなくなるのでは……?

食べてるんだから減れよ。(暴君)

 

減らないように食べてるで終わりの話ではあるのだが、そうするとそこに職人芸を見るわけである。

 

 

「あぁ! またやってしまった!」

食べ過ぎてしまって感情事消してしまう。

新人妖怪にはありがちな失敗である。

 

「いやぁ、今度はできると思ったんですけど、まだ練り込みが足りなかったですね」

そういいながら照れて笑う様は年相応だ。

 

 

みたいなノリで特集される感じ。

妖怪目撃されても大体単体が多い理由はそこにあるのではないか。

第一種感情処理技術能力者、みたいな資格をとらないと娑婆にはでれなかったのではないだろうか。

今妖怪を見ないのはハードル上がりすぎてとらなくなったんだよ多分。知らないけど。あとは

 

感情を生で取り出すとかwふっるwwふっるぅwwww

 

って時代の流れがなったんじゃないかな妖怪的に。

自然に取り出せるオーガニックでナチュラルな派閥が席巻してったとかでしょ。

技術的にそら危険を冒さなくてよくなったらしないわけである。

表に出なくても感情を食える仕組み! みたいなのをゲットしたのだろう。

 

……我々は搾取されている!(極大の被害妄想)

 

アリアドネの第一投

 

狂人の真似をしてるとほんとに狂人になるよ。

的なことはずっと言われているわけである。

 

真似事から本物になれる。

 

ということ。

 

しかし、技術職でもなんでも真似しているだけでは越えられぬ壁というものがあるとかいうではないか。

どういったことか。

 

上がるのは難しいけど、落ちるのは簡単なんだよ。

 

ということか。

 

いや多分悪い方にもランクあるだけと違う?

 

 

……解決!

 

 

といったところで(?)

 

つまりおにごっこし続けたら鬼になれるってことか。

小豆洗い続けてたらあずきあらいになれる……?

川を流れ続けていたら河童にも慣れるチャンスがあるということなのかもしれない。

 

そもそもなれるとしてなりたいのか?

っていうのは別問題でしょ!!!!(情緒不安定)

 

小豆洗ってるだけで妖怪と化すとかリスク高すぎない?

 

それでいくと現代ではイツマデの亜種みたいなのがいっぱい増えそう。

 

 

いやなんという話でもない。

ふと遠くから聞こえたままごと、という言葉が最初にママゴッドと聞こえて

 

ままごとは神になるための儀式だった……?

 

と意味の分からない方法に思考が振り切れたというだけの話だ。

 

 

角折れたユニコーンはがっかりこーんになる。

 

うま!

 

馬。

 

馬に角を生やすとユニコーンになるらしい。

 

牛に角を生やしたら何コーンになるのだろうか。

牛乳甘いからなー。お肉もなんか食べたら

これは甘みを感じますね!

ってのも耳にタコできるほど聞く。

肉に甘いって誉め言葉なの……?

 

つまり、スイートコーン……!

 

牛なのにタコでトウモロコシ……!!!

 

 

 

いや、そもそももともと牛に角あるよ……

 

 

 

せやった(正気)

 

 

 

馬に角じゃなくて羽が生えたらペガサスになる。

多分流星拳とか撃てるようになる。

蹄で……?

怖い。

流星蹄とかなんかこわい。ペガサス流星蹄。

 

 

ともかく、では牛に翼がついたら何になるというのか。

 

スラビーである。

 

スラビーとは、インド神話にでてくる牝牛神である。

なんかすげー牛乳使ったりする。

 翼を持った牛さんやぞ! しかも神である。これは強い。復活アイテム牛乳まで完備とかもうこれはおかしいくらいつよつよポテンシャル。

……まぁ、人の顔だったりするけど誤差よ。誤差(暴論)

体は牛だから羽の生えた牛で何の問題もなかった。

 

ぺがさす!

 

っていうと結構な人がわかるー! てなるのに

 

すら、び……? すら……? え? 何? スライム?

 

とかなりかねないくらいの(失礼ながら)知名度なスラビー。

でも調べたらがっつり画像も出てくるくらいの有名人(?)だぞ。

 

同じ牛系でもナンディンなら女神の転生的なゲームしてれば割とよく見るから知っているのだろうか。

なお、スラビーはそのナンディンともがっつり関係者(?)なもよう。しかし出てないからナンディンより日本では知名度勝てないんじゃなかろうか。

でも画像見るとプレイしたことある人間は『あれ? なんかこんなんいたような……』って錯覚をとても受けると思う。

いないよな?……実はいたっけ……いたような気がする……いや、いないはず……?(混乱)

 

むしろなんでペガサスとユニコーン知名度はここまで高いんやろな。

色んな媒体で見るけど。

 

いや、これも思い込みで実は知らない人のほうが多かったりするのかな……?

 

あふれるくらい過剰に湧いているのか、それとも器が小さいのか

 

バトル系のお話とかの展開で、

 

力が、あふれて!

あああああ!

 

みたいなのがある。

でも

 

力が、あふれて!

あああああ!!!

 

ぴかーん!

 

 

あっとおどろき視力が回復!

 

 

 

……

 

 

ってなったら。

なんか、なんだろう。

力が機能したのもあふれたのも間違いないんだろうけど。

 

あってるし、いいことなんだけど、いいことなんだげども゛ぉ゛!

 

ってならない? なる?

 

あとあふれてるから周りも回復します。

視力が。

力があっぷとかはないです。眼鏡の人が眼鏡要らずになって一部の人が悲しみに包まれる可能性はあります。

溢れてるからそれ以上よくなることもありません。

周りもあくまで余剰なので以下同文。

 

いいことなんだけど、いいこどなんだげどぉ!

 

ってならない? なって。

 

 力があふれる!

 

ってなると

 

(暴走するオチきたな)

 

とかパワーアップ系慢心イベントかという期待が入っちゃうからかもしれない。

でも平和でいいと思う。

 

 

 

バトル系とか言ってる時点で平和じゃねーわ。

 

インセクターの歯が

 

しまった!

蠅が入り込んで混ざってしまった!

 

は え お と こ ……!

 

最近よく髪の毛が抜けるな……

 

は え ぎ わ お と こ ……

 

いやそんな

 

歯の間にイカが挟まったら歯が真っ白に……これイカや!

 

みたいなこといってからに。(なんか色々と違う)

 

ところで、こう、転移装置に何かが紛れ込んでそれと融合してしまう! という展開はいろんなところで見るわけで。

 

でかめのぽk……動物とかなら

 

ああ、大きさが必要なのかなー。なんか近しかったから融合事故みたいになっちゃったのかなー。

 

って無意識に納得もあるけど、蠅とか小さなものとか割と違う種族でもオッケー! だとなんか

 

これ結局蠅を回避しても夏場の実験とかで蚊と融合とかしてたのでは?

 

ってなるよな。ならない? なって。

蚊男。

血を吸うのだ!

 

吸血鬼とは……つまり……?(明らかな勘違い)

 

夏場はカナブンとかも突進してきそう。

カナブン男。

蜂もありえる。

蜂男。

etc

 

そうだ! 八つ当たりで同じようにしてやろう!

 

と合体事故起こした人間が考えないとも限らない。

 

 

そうして増える昆虫人間。

ぞくぞくと増えれば世界は昆虫人間と非融合人間の争いに発展するのだ。姿かたちが変わればそらそうよ。歴史を見れば明らか。同じ形でも延々争ってんだから

そうしていくとやがて昆虫人間がどうやって生まれたのか隠されたり、その結果忘れられたりする。

忘れられたまま排斥したりされなかったりする歴史の中で、決定的に決別みたいなことが起こったりもするのだ。

そんで時代が進んでからみつかる『元は同じ人間だった』という記述。

公表するか、しないか。

今更してどうなる! 今更だからってしないでどうする!

という人間同士の争いも過熱。

みたいな話がありそう。

 

元に戻す装置もできそうに思えるものだが、コーヒー牛乳をつくるのは簡単でも元通りの二つにするには作るほど容易とはいかぬわけで。

生物というより複雑なものになれば推して知るべし。

 

でもちょっと思うのは

蠅でなりそうならもっと小さくても結局取り込んじゃいそうで。

 

ところで人間にダニがついているということは珍しくないことである。

 

蠅とダニ、どっちも選びたくはない。

虫嫌いが虫人間になると己をどう認識するのだろうか。

 

陰口はつまり日陰だから夏場は近づくと涼しいのか?

 

陰口ってどこまでが陰なのだろう。

光が当たらない場所、隠れて見えない場所。

 

いや、いうて表で喋ってるでしょ。

 

割と聞こえるところで楽し気にトークしてない?

 

というかネット上でのあれこれは陰口といっていいのか。

ネットの片隅に……っていってもフルオープン感ある。

 

全世界に陰口公開!

 

この一行で矛盾を作り出すことができました感。

いやもう陰口は表に出したら陰口と違いますやん。

何だろう。

悪口?

罵倒?

嘲笑?

 

陰口は影であるがゆえに表に出るとその存在が消えてしまうのだ。

太陽光で溶けてしまう存在なんだよ多分。

吸血鬼かよ。

 

陰口は消えた! つまり陰口なんかなかった!

とはならない。

陰口は消えて(姿を変えて)もいってる人たちが消えるわけではないからただの悪い言葉が表に出たってだけになる。

 

どうせなら陰口は太陽光で消毒されて誉め言葉にかわったりせんだろうか。

いやそれはそれで気持ち悪いか……?

 

偶然! 聞こえた話の中に飛び交う己への罵詈雑言!

あわや! 陰口に心傷つけられる寸前!

 

ぴかりと太陽光の差し込み!

 

反転! 始まる大回転の褒め殺し!

しかししかし!

手の平目の前で大回転はむしろ恐怖をこそ呼び起こす!

 

ジッサイコワイ!

 

みたいな展開よ。

陰口のままであるのとどっちがましなんだろうか。

どっちもやめとけって話か。

 

……何の話がしたかったんだろう。

現実での人の固有名称がでちゃう類の陰口はもっと陰に潜んで?

それも違うな。

 

 

暴露本!

とかは種類によっては陰口の進化系みたいな感じはする。

 

(まとまらないまま)おわり。