溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

対抗して胃液をぶちまけても痛ましい視線でこっちがダメージを受けるだけだ

 

溶解液。

たんなる吐瀉ではない。

なんか爬虫類系とか両生類系とか水分多め系の魔物とかが使ってきがちなものの一つ。

溶解液である。

 

うぉぅぇぇぇぇ

どろぽっ

 

じゅー

 

な感じのそれ吐しゃ物かけたみたいな精神ダメージも狙ってる? というあれである。(汚い表現)

地面とか超溶かされてる。

 

ぼく溶けるよ! 超とけるよ!

 

というアピールのためだけに超溶かされてる地面の気持ちにもなってみたらどうなんですか。

いや、もしかしたら『ええんやで』とめっちゃ懐広い顔で笑ってるのにワンチャンあるけども。

 

そんな溶解液。

ふと打ち間違えて了解液。

了解液とは。

 

ぶちまけられるとなんでも了解してしまう液……?

 

ほんの些細な打ち間違いからなんか洗脳系の液体が出来上がってしまった。

溶解液と字面は似ているがその能力は逆感。

物理系とデバフ系っぽい。

〇〇の了解液

とか闇取引されて黒い感じで使われてそう。

 

『いい』といったのは君だろう……?

とか

よし、自白したな。

 

とか。

 

まぁそんなこというとファンタジー混乱魔法とかのデバフ系って色々物理魔法より悪用されてそう感あるんだけど。

 

俺はレベルが強いからきかぬのだ! ぬぅん!

 

って逆にレベル低けりゃきくってことで。レベル低いのが大半っぽいわけで。

そもそもデバフってレベル高かろうがかかるものが多いよね。

闇の魔法使い裏社会で便利使いされてる説。

お辞儀をするのか……

 

溶解液くらいはなんてことない気がしてきた。

(そんなことはない)

いつの時代も思われてるだろうことはきっともっと握力つけろや!!! ということじゃないかな

 

オンラインでクレーンゲームとかできる時代だ。

 

これはもうオンラインでメダルゲーとかスロットとかアーケードもできるようにな……

 

それはただオンラインゲーすればいいだけの話では?

(迷走した結果の灯台下暗し感)

 

結果的に『それは別のであるのでは?』とか『それは違うのでは?』というのがあるということだ。

 

例えばキャンプというのは自ら不便しにいくのが醍醐味みたいなところもあるわけで。

 

家にいながらキャンプができる時代に……!

 

とか言われるとそれはもういろいろと違うと思うのだ。

家でできるキャンプとはってなるでしょ。家? 家でキャンプってどうなの実際。

キャンプとは?(哲学)

何をすればキャンプなのか。

家でキャンプをした(結論)

という方程式の解を求めるには人間はまだ進化が足りていないのかもしれない。進化たりたらできるかもしれない。嫌だなそんな進化の仕方。

 

 

安全! 爆発しないダイナマイト!

 

とか、そういう方面は何か無駄というより皮肉さを覚える気もする。

ボケというより使い方によってはこれらは嫌味に通ずるところもあるなとふと思う。

 

お前のそれって家でやるキャンプだよな(笑)

 

すげぇw爆発しないダイナマイトじゃんw逆にノーベルw

 

煽りかな。

あおりっぽいな。

煽りだな。

言い方の問題かな。

 

家でキャンプやっとけば^^

 

煽りだな。

後ろになんかつけるからダメなのかもしれない気もする。

^^もwも(笑)も笑顔のはずなのに。lolといわれても煽りになる。

笑顔とは煽りだった……?

 

笑顔で煽りを抜いて届けられる時代は来るのだろうか。

 

いや、勝手に追加されちゃったんだから進化した結果か。じゃあ退化しなきゃダメか?

 

振り向く、振り返ることで取り戻せることもきっとある。

外でするクレーンゲームも悪いわけでも遅れているわけでもないんだから。

進んでいるつもりですげぇ斜めにいったり地面掘ったりするよりはいいかもしれない。

 

なんか恐竜とか怪獣とかの名前感ある

 

異様に飯をもったりする文化をメガとかギガとかいったりする。

 

その流れでいうと、もしかして隠れん坊しているのではないか。

 

なにがって、メガロドンがよ。

 

メガロドン

 

カルカロクレスともいうらしいメガロドン

 

カルカロクレスっていうのもなんだかカルクカクレルデス! って感じに聞こえなくもないやん(暴論)

 

じゃあこのメガロ丼……メガロドン!?

 

みたいな。

 

日常のメガロドン

 

とかいう新しい日常系サメ映画の形みたいなことも可能かもしれない。

 

滅びたと思われたメガロドン……しかしそれは擬態だったのだ!

 

的な展開だ。

 

日常に隠れるメガロドン(推定10m以上)

 

ドンブリに潜むメガロドン(推定10m以上)

 

隠れん坊特化メガロドン(推定10m以上)

 

 

(推定10m以上)

 

 

無理か。

 

無理だな。

 

ちょっとサイズ感誤魔化すには限界あるし、サイズ小さくするとメガロドン! って感じしなくなるから、仕方ないね。

透視能力が暴走して誰かがいても独りぼっちなんだという発想

 

うしのうりょく。

 

ESP。

 

自分が見たくないものを貫通してより見たい遠くのものを見ることができる能力!

 

らしい。

 

よく、

 

服だけ透ける!

 

透け過ぎて内臓が見える見える!

 

とかいうネタを見るのだ。

物語的に成立するからそれはそれでいいのだが、実際だとそこまで区切りよくなさそうだな、と思ったのである。

何が区切りよくかといえば、ちゃんと服透けてみえるとかじゃなくて繊維の途中とか本当に半端なところで止まったり、皮一枚の間で止まることだってあると思うのだ。

血管の半分とかの位置で止まるともうスプラッタ大好き民大歓喜であろう。それ以外はしょんぼりするだろう。しょんぼり。

 

むしろあれである。

対象指定ができないと悲惨である。

位置指定。位置指定しかできない。

そこを取りぬけるものがなんかCTスキャンみたいに見える。

 

一人SCスキャン(見る側)の誕生であった。

 

他人の病気(CTもどきでわかる範囲)を素早く察知!

 

 

の前に自分が(精神的に)病気になってしまいそうな能力だ。

やはり区切りがよくないと人には過ぎた能力だと思う。

 

それも慣れてしまうのだろうか。人は慣れてしまう動物でもあるらしいときく、そうでもないと思うけど。

初めてCTとか受けた時

 

わー、輪切り見るのは毎日だけど、される側になるのは初めてで新鮮だなぁー!

 

とかいう(医者でもないのに)感想を言いそうで、なんかちょっと闇を感じる。

 

新しいシステムは最初わくわくするけど後々面倒になる手の平返し

 

生き物は進化し、適応していくのだという。

 

それはもちろん人に限った話ではなく、生きているすべてがそうだという。

 

思ったわけだ。思う訳だ。

 

 

なんでトイレにいかなくていい生き物に進化しないんだ……

 

 

と。

 

余すことなく燃料化できない、無駄が残っているということだ。

無駄を削減しよう!

ってよくいうわりに我々の生物としての機能的に無駄があるのでは? って話なのだ。

肥料になってるから、とかそういう意見は今は良い。いいのだ。別のところでやろう。

もしくは、無駄を体内でうまく処理できな過ぎるのだ。

必要なのが進化。

トイレ行かないのは絶対必要ちゃうやんwwww

っていう人は考えてほしいのだ、野生で考えた時

 

トイレとかめっちゃ隙やない?

 

って。

野生動物にとって、寝る時、トイレ、食ったり飲んだりするとき。

めっちゃ隙やない……?

 

なんか1種類くらいそれらをどうにか進化しようとしたのおらんのか。

イルカとか頑張ってるやん。

半分起きて半分寝てるんやろ。

なんでそれを他の生き物は取り入れようとしなかったのか。

 

お? あいつ寝なくてよくなっとるやん。真似したろ。

 

何故この発想が進化くんたちにはなかったのか。

鳥とかクジラとかだけじゃなくて、おーそどくっすにしたら便利なんじゃなかったんですかね!

 

わたり切らないと全滅する……!

 

とか

 

海で寝ると溺れて死んじゃう……!

 

とか

 

そういうなら

 

寝ている間に他の動物に襲われちゃう……!

 

でもいいと思うんですよ。

 

右脳も左脳も使わないと思考の効率が落ちる? 考える生き物だから?

 

落ちない進化したらいいんじゃですかね!(暴論)

 

なんかあれよ。

ゲームとかでどういう成長の仕方するかツリー上になってる中から選択していくやつとかあるやん。

ボスに苦戦はするけどまぁ勝てるからってあんまり考えずにぽんぽん基本ステ上昇とかで選んでいって、特殊能力とかあまりとらんかった感じ。

 

そんな風にどうしても感じてしまうこともあるよね。

 

 

個人個人で進化のステ振りできる時代を祈って……!

生き物たちの次の進化にご期待ください!!!

(無理やり打ち切り風まとめ)

 

でも太陽光とかだけでよくなってトイレも必要なくなって眠る必要も無くなったらそらもう動く必要も無くなっちゃうわけでバッドエンドくさくはある。

 

びっくりと恐怖は別にするべきそうすべき

 

ホラー映画で幽霊の出演をよく見る。

幽霊。

 

霊。

 

人以外の動物、までは見ることもある。

 

虫、とかになるとほとんどみない。

植物、となるともうほぼほぼないといってもいいと思う。

 

惑星(ほし)の怒りだ……!

 

とかいっても惑星規模の幽霊とかはない。

何故だろう。

 

星も生きてる……!

 

ってよくきくやん。

この長い歴史の中、消えた惑星とかもそら当然あるやろ。

惑星幽霊、あってもいいのでは? 人の幽霊ってもんがあるなら、そのほかがないほうがおかしいのでは?

そこまでの規模になると(幽霊的な)恐怖とかとは別になりそうな感じ。幽霊がある世界でゾンビが死ぬとなんになるのだろうか。ゾンビ幽霊になるのか、ゾンビ元幽霊になるのか。

 

死んで全部が幽霊になるなら幽霊見える人! ってのは視界が幽霊だらけで見えなくなるのでは? 出力的な問題で解決してるんだろうか。あれか、視覚を脳が処理するてきなあれで大丈夫な感じなのだろうか。

人だから人しか見えないとかそういうあれだろうか。幽霊視点でみれば周りは幽霊(虫)とか幽霊(植物)にあふれてて紛らわしかったりするんだろうか。

幽霊はどこが終わりになるんだろうか。

 

幽霊が死(というかそういう概念)を迎えると何になるのだろう。ゆうゆうれい? 次はゆうゆうゆうれい?

 

 

 

ホラー映画が怖い人はこういう無粋なことを考えれば怖さは還元できる可能性がワンチャンあることを心に留めておくと余裕ができるかもしれない。なんかどうでもよくなる感がでてくるのだ。

クォッフヒィー(流暢な発音)

 

カフェテリアに入った時点で覚醒するのではなかろうか。

 

なにせカフェイン。

 

カフェ・イン。

 

カフェにインである。

 

コーヒー紅茶等を飲まずとも。我々はその時点で行動的カフェインを摂取している恐れがあるのだ!

 

 

 

行動的カフェインてなんじゃい。

 

 

 

ということでカフェイン。

眠気覚ましにー、という事を言われがちなカフェイン。

個人的には

 

やったー! 眠くならない!

 

というよりは

 

だっる……けど眠りには落ちれない……

 

という感じ。なんか違う。求めていた眠気からの解放はそれじゃない感ある。(我儘)

カフェインさんとの友好度が高くないとなんか効果出た! 感は得られないのかもしれない。

 

カフェにいく、という行動はもしかしてカフェインさんの好感度を上げる行動……?

名前でそれを示唆していた……?

 

そんな馬鹿な話はないが、そういう成分て割と相性が重要すぎるよね。

って話。