溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

ENDマークボタン

 

人格リセット装置とかあれば現代社会では流行ってしまうのではないか!

 

押せば人格がリセットされる前に再振りできます。

 

ゲーム的に、感覚的に性格の数値が入力できる(それしかできない)ので、細かいデータを知らなくても(知らされないともいう)OK!

 

ふぅっふー! 闇の臭いがする!

すごい裏でとりひきとかされてるにおいがする!

洗脳とかにすごい使われそうなにおいがする!

 

それでも悩み多き思春期とかが勢いでやったり、人生もういいや層とかがぽんぽかやりそう。俺もあったら押すもの。連射するもの。

 

手軽に(自分という人格は消滅しているし、体はそのままだけど)二週目というものが味わえる夢のボタンだぞ!

まさに(頭)ファンタジーの主人公になれるんだ!

 

別名を強制エンディング回収ボタンとかで呼ばれちゃうに違いないぜ!

リセットするときに「〇回目のリセットです」とか表示される機能があったらそれだけでドラマが始まりそうだな!

そうか! 俺はこれだけリセットしていたのか! じゃあ、何度リセットしたって俺という存在は変わらないんじゃないか!

てき(絶望に包まれて)終わるストーリー。

こるぇはループもの主人公ですね!

最後はループの脱出。これですね。

 

何がいいってリサイクルできる点がとってもエコ。

人類という資源的に優しいと思う(まとめ