溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

ギョルバハッハジュルンチョー!

笑い声。

 

うふふ、とかあはは、とか、文字にするとどうしても違和感を覚えてしまうのだ。

 

がはは、とかは何か別のキャラが浮かんでしまうし、げーすげすげすなんてシリアスな場面で突っ込んでみろ。恐ろしいことになる。

 

ぎょはははといかげはははとか、個性を出せる場面でもあるのだろうが、

いや、ざっとらしいんだ! ざっとしい!

といわれかねない。

言われたからどうだという話ではあるのだが、書いてるときの違和感としてつっかえてしまうとテンポがずれる。ずれる感。ずらでもないのにずれる感。

あの人おかみずれてるー

しっ、指さしたらだめでしょ!

される。

いや、ずらをかぶってるとかいう話じゃなくてね。

 

たんたんたんとリズムよくいってるきぶんにちょっと

これ違和感あるんですけど!

って自分で書いときながら思ったちゃう感じよ。スルーすりゃいいってわかってるんだけど、毎回同じところで転ぶ感じよ。油断して小指ぶつけて

おっまえ! こんの……(行き場のない怒り

みたいな。

笑い声一つとっても自由にできない。

ははは! でさえなんか自分でかくと違和感を覚える今日この頃(まとめ