溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

初めから使いこなせないことを恥じるべきではない

 

前借と後払いはどちらがいいのだろうか。

痛みの前借というものがあったとして、それは良い事なのか悪い事であるのか。

怪我自体は無しに、身体的に余裕がある時に先来る痛みだけを体感する。

実際怪我をしたときには痛みはない。

 

なんか一瞬メリットもあるのではと思いかけたがそもそもそれもう前借とかいう範囲超えて未来視じゃんってなるよね。

 

痛みの前借なんてものができる時点で

 

え? ……怪我すんの?(震え)

 

ってなるよね。

できるなら前借じゃなくてその未来を回避させろよってなっても不思議ではない。

でも前借だともう確定してるじゃんってことにもなるかもしれない。

前借システムを使ったから怪我することを予知することができて、前借システムを使ってしまったから怪我をする未来が確定してしまった。

的なやつよ。

では、前借システムを使わなければ怪我をしなかったのか? といえば、した可能性は高い。なにせ知らないんだから行動は変えられない。でもしたとは限らない。

 

そもそも痛みの前借なんてできねーよ。

 

と本末転倒な結論はさておき。

 

ないんだよなぁって話ならパラドックスの有名な奴だってまずタイムマシンないよ! ってなるでしょ!!!!(情緒不安定)

 

色んな便利も使いようではあるよね、みたいなオチで一つ。(無難で当たり障りない着地で全てを隅に寄せる)

 

気持ちは胸に収められても物はそこに残るから

 

張り子の虎を本物の虎だと言い出すのは虚勢でも何でもなくやべぇ奴でしかない。

 

といったところで張り子の虎という言葉自体は知っている人は多くても、実際の張り子の虎を見たことがある人っていうのは現代ではどのくらいいるのだろうか。

 

あの……なんか……首ががっくんがっくん動く奴よ。

赤べこの仲間よ。

赤べこも見た事ない、触れて事ない人もいるか。

 

くそ失礼だがあれよ。

お土産にもらっても正直扱いに困るやつよ。

民芸品って大体そうだけど、センスとか相性とかぶち抜いてくるわけで。

それこそもらって嬉しいやい! ありがとうだい! という心の張り子の虎をこっちも装備して返す必要が出てくる。

 

なんか適当に珍しいもの、ネタとしても買われがちな傾向みたいなもんもあると思うのだ。

北海道いくやついくやつ熊の置物かってくるのやめろよ本当に、マジで、本気で。

一個ならいいんだよ玄関なりに置けるから。

二個も三個もってなると話は別になってくるでしょうが実際。

民芸品はもらう人のセンスに合わないと厳しい事を知るんだよ。

でもお土産としてはわかりやすく土地柄を出せるからか選ぶって人もいる。

 

お土産はお土産だから文句は言いにくい。

民芸品ともなればなんか言いにくい感も増す感じがする(個人差があります)

でもな、

うーん、思い浮かばないからこれでいいや。土地独特のものみたいだし。

っていう考えはな、それ他の人もやるねん。

 

消えものにしよう。

もういっそ何が喜ぶかわからないようなら消えものにしとこう?

熊の置物や張り子の虎でジェンガできるようにはならなくていいのだ。

張り子の虎並べて首が全部がくがくなってる様は一瞬おもしろいけどずっとじゃないんだよ。

虚勢は張り続けるもんではないのと同じよ。

 

いや虚勢にしても同じようなもんなん個もはおかしい。

同じような虚勢はってるのを見かけるのが当たり前の現実だとしても、お気持ちと違って物は場所をとる物体としてそこに残っちゃうからな。

 

ごめんなさい変換

 

誤変換。

誤った変換。

間違った漢字。

間違った感じ。

 

つい避けれぬものだ。

100の回避はできぬものだ。

100円の会費は可能だとしても。

 

ダジャレやんけ。さっむ。

という意見は可とする。

 

誤変換。

 

地獄の業火。

地獄の豪華。

になったらなんか違うということ。

 

地獄の業火に焼かれるがいい!

 

 

地獄の豪華にやか……豪華に焼かれるって意味違うんじゃない?

 

になるということ。

 

っていうか地獄の豪華ってなに?

って攻撃される方も疑問になる。誤変換はバトル中では命取りのフェイントの役割と化すのか。

 

地獄の業火がそもそも重複してるやん。頭痛が痛いみたいなことになってるやん。

という意見もあるが、そこはそれよ。

業火が地獄の火を現してる、つまり地獄の地獄の火になるこれは二重、ですねぇ……!

ってなる人少ないでしょ多分。

業火の独り歩きよそれは。漫画とか小説とかで使われた結果独立しちゃったんだよ多分。知らないけど。あと語呂。業火に焼かれるがいい! より、地獄の業火に焼かれるがいい! のほうがなんか語呂がいいとかでしょ多分。

あと頭痛で頭痛いは重なってるけど言いたいことはなんかわかる。シリアスな物語でいってるなら訂正はいいとしても、一般的な場面で言ってる時に細かくつっこむのはそのほうが頭痛い()という場面も多いから気を付けるんだぞ!

 

みたいに一瞬で思ううちに焼かれてしまう可能性。

 

まぁごうかだけにしたって

豪華に焼かれるがいい!

だとなんかすげぇ金かかってそうでやっぱ違うよな。

敵に塩を送るにしてもそれは違うやん。ってなりそう。豪華だからわーい! やったぜ! とはならんでしょって話よ。

つまり誤変換は気をつけねばならぬ。

豪華に揚げ足取りもされるぞ。

 

意味違いますー! はい意味違いますー!

 

いや流れで分かるやん。っていうのはこういうつっこみを過剰にしたがる人には通じないからな。

しかし豪華な揚げ足取りとはいったい。

業火な揚げ足取りはある意味豪華だと思う。

まぁスルーすればいいんですけどね。

 

誤字報告は小説なら助かるわけだけど、例えばこの駄文にされても

えぇ……

ってなるわけで。

状況によるよね誤字誤変換指摘は。

 

通じるなら、特に訂正に急を要しないなら黙っておくことも時に必要だよって事で。

SNSとかで揚げ足の取り合いしてるところとかそれこそ地獄味ない? ないかな。それこそ気にし過ぎなのか。

間違ってること全てを正そうとすることが、必ずしも賛同を生み出すことにはならないということはこれに限った話ではないし、間違ってることを指摘することでそれをした人の意見がそれだけで正しくなるわけでもないんだけど。

 

ヘドバンはいろんなところ痛めやすい

 

風と雨のタッグで家がパーリナイしてたわ。

 

窓ガラスがノリノリで横揺れしてんの。

それを雨が拍手で迎え入れるって寸法よ。

雨あられってwwwwそういうwwww

そら家ごとノリノリで横揺れもするってwwww

 

 

うるせぇ!(情緒不安定)

 

 

というか長い。

長かったのである。

停電もしたが復帰したから(うちは)結果なんともない。長く停電にあわれてしまった地域はきついことだったろう。

 

なんか外ではいろいろと吹っ飛ぶ音がしていたりしてた。金属が転がる音とかなんか重いのが落ちる音とかな。

当初の予定より弱まった言うてもやっぱり強いは強い。

当初の規模で予定通りきてたら跡形もなかった可能性。

 

加えて

通り過ぎてもまだ雨の影響とか風の影響残りますーwww

 

とかもうね。

記録的な巨大さ云々ってより粘着質さを感じたよね。

 

ともかく。

 

同じく範囲圏内だった方々、とにかくひとまずお疲れ様でした。

 

ってことで。

 

出品されてる光景はよく見るけど買えはしないもの

 

モラルとか品性は欠けるとか足りないとかいう表現をする。

 

硬いのだろうか?

いや、欠けるのだから硬度はそうでもないのかもしれない。

欠けたら元に戻すためにはどうしたらよいのだろう。

 

欠けた後のモラルの破片はどこにいくのだろう?

欠けたあとの本体の事を注視されるわけで。

消えてしまうのだろうか。

蒸発する?

 

欠けた時点でしおしおと縮んでしまったりするんだろうか。

モラルとは生物の一種だった……?

 

ではかけた破片を接着しようとすぐつけたとてそれは不可能という事か。

修復は自己修復……?

やはりモラルは生物……

 

エネルギー源となるものを与えなければ、きっと見た目はそのままでも中身はすかすかになるかもしれない。

 

モラルの筋トレ。

 

いやなんか思いついたから言ってみただけだが。

 

モラルのハムストリングスお中元で送られるのかい!

 

いやなんか(略)

 

モラルにかけるというが、ではモラルがエネルギーを取り続ければいいものになるのか?

というとそれは違うとも思うのだ。

モラルが肥大化すれば、それはそれで別の問題が発生すると思う。

どれもこれもが必要だと摂取すれば、それは暴飲暴食と変わらないものとなるではないか。

モラル肥満である。モラルもらえるである。モラル燃えない脂肪と戦うである。

モラルの脂肪はモラルたりえないだろう。多分。知らないけど。モラル体重計にのって絶望であるか。モラルが乗る体重計ってなんだよ。モラルの事はもっとモラルもって発言しろよ。モラルもてよ。

 

モラルモラルうるせぇな!!!!(情緒不安定)

 

台風のあれこれの中で俺はいったいなにをやってるんだろう。

モラルが家出してしまったのか……

いやそこは台風なんやから帰ってこいや。危ないやろ。

 

もう台風さん来てるに等しいというのに俺はいったい何を書いているんだ。

風もそうだけど停電も困るよな。

 

停電を『出品』することで停電を回避した……!

 

とかいう漫画みたいなことはできないから祈るしかないのだ。

おお、窓ガラスと電気を守りたもう。

どこへ向けているかもわからぬ祈りは誰に届くのだろうか。

空飛んでるスパゲティ状のモンスターとかだろうか。

 

 

あっちが巨大だからこっちは小さくてもいいという理論

 

俺はこいつと旅に出てしまうのか。

 

そんなことを思う。

 

有名なアニメの歌である某フレーズがそこだけ延々リピートされてしまうのだ。

 

風に吹かれてサヨナラバイバイ。

風でこいつが旅に出るのである。

 

状況的にシャレにならんのだ。

 

台風線上の俺や。

 

いや、冗談いいたいわけでもないはずなのだが、どうしてもくだらないダジャレ級のものが浮かんでしまうのだ。

せ、正常性バイアス……

 

ともかく。

 

台風でかいから短文で対抗するんだ。

世の中様々な小さいものに影響されて小さくなってくれないかな。

 

バランス感覚という曖昧なバランス

 

へりくだる。

謙遜するとはいい表現だが、へりくだるというとあまりいいイメージでは使われていないように思う。

そうでもない?

 

謙遜しすぎもよくないとは言われがち。

しすぎもよくない。

 

じゃあどれくらいがちょうどいいんですかね!!!!(情緒不安定)

 

しすぎもよくない。

と謙遜しているような人に対して直接いう人は大体「自分で考えろ」と答えてはくれないか、一方的なものの見方の返答しかないのだ。

データとって是非教えて欲しい。

 

だってあれだよ。

逆に謙遜のかけらもないようだと

 

あいつは傲慢だ! 偉そうだ!

 

っていう勢力が騒ぎ出すんだよ。

1を100でいってるようのはともかく特に誇張してるわけでもない、事実を事実として述べている場合でも噛みつく人がいるんだよ。

そら、少しくらい過剰にへりくだりもするでしょ。

だって、そのほうがめんどくさい人が減るものな。

まぁそれを弱みとみて近寄ってくる面倒くさい人がいるのも事実だけども。

 

地獄か!!!!

 

いっそこの謙遜の数値は〇〇謙遜(単位)みたいに出せばどうだろうか。

 

それはそれで面倒くさいのめっちゃ湧いてきそう。

 

地獄か!!!!!

 

どうあがいてもめんどうくさくなってしまうというのか。

そうだよな。

子供のころ玩具一つでも

 

おまけだけでいいじゃん、ウェハースいらねー。

 

いや、ウェハースが本体じゃん。

 

箱ごと保存が基本だぞ。

 

みたいな対立があるもんだ。

三人寄れば派閥ができる。

つまり別派閥の人間がいうものを殊更重くとらえる必要はないのだ。

攻撃しただけという可能性も大きいのだし、思想が元より違ったりもするのだから。

とはいえ、鋼の心臓はなかなか誰しもが持ちえないものである。

 

鋼の心臓が欲しい。

 

そんでさび付かせるまでがテンプレ。