溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

あなたが落としたのは、

 

湖に物を捨ててはいけない。

 

それはともかく、斧を落とすとクイズを出してくるクイズ大好きな魔物……女神? 精霊? なんでもいいのだけども。

 

この推定女神かヘルメスか知らないが、潜って取ってきたリ斧持ってきたりするわけである。

 

これ斧以外だったらどうなるんだろう? とは皆が抱く疑問だろう。

 

だが今はその話ではないのだ。

 

問題は金の斧とか銀の斧とかシュバってもってこれるってことは作り出したか持っていた奴持ってきたかということなのだ。

ずるして楽して儲けようおじさんがいっても金の斧2号を持っては来ていたみたいなのでストック金の斧が2本はあったということだろうか。

 

いや、そもそも純金も純銀も日常樵が使用するに適した素材ではないはずだ。

 

正直者やん! これもこれもやるで!

 

って気前のいい感じでくれるわけだが、これ困るよな実際。

カミサマとか普通にいる神話の時代によ。

実際のところ、そんな時代にその神様からもらったものを売りさばいたりできるんだろうか?

神話の神々とくれば理不尽の塊みたいなところあると思うのだが。

売ったら天罰。

使わなかったら天罰。

使って壊しても天罰。

これくらい普通にありそう。

気に入られても気に入られなくてもろくなことにならないのが神話の神々という印象が強い。

 

売ってたしにしていいよ!

っていうんなら金の斧とかまんまじゃなくてインゴットか何かにしてやりゃいいのにな。

金の斧シュバってだすならそのくらい余裕でしょ。

やっぱり斧のままやるのって

正直者やな! あっぱれ!

全部あーげちゃう!

 

じゃなくて

 

正直ものやん。つっかえ。つまんな。

せやwww使えん斧全部渡して困らしたろwww

 

だった可能性あるよな(ないです)

 

ということで落とし物には気を付けるに限る。

ポイ捨てをしてはいけない。

湖に斧が飛んでいくような振りかぶり方ですっぽ抜けたって、それ人に当たってたらい正直者もくそもない事態になるからまずそっから気を付けろよ。

 

ってことで。