溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

まっすぐな方は棒手裏剣的な感じで使っていけ(じゃあ棒手裏剣使え)

 

クロワッサン硬化したらブーメランとして使えるんではないか?

巨大にしたら巨大ブーメランになるのでは!?

 

 

A.普通のブーメラン使え。

 

 

くろわっさん。

黒輪さん。とかいうネタはさておき、三日月を意味するらしいという話は有名だろう。なんか興味なくてもどっかできいたことあるなーレベルだと思う。

 

まっすぐなクロワッサン。あるよね。

 

まっすぐでも別にいいんだけど。

 

三日月。

まっすぐな三日月。

 

こう書くと意味わからなくない?

まっすぐなのに……三日月……?

あ、なぞなぞか哲学か何か?

ってなるよね(ならない)

 

食べ物のネーミングだから別にいいんだけど。誰もそんなこと気にしてないだろうし。調べたらなんか細かい理由があるかもしれないし(調べる気もないのに続けるダメ人間の鏡)

 

まっすぐにしたクロワッサンを

 

ちょっと別のネーミングにするほどでもないしな……

 

ってなった

 

感じかどうかは知らないが、確かに名前がいちいち変わるのは面倒ではある。

 

でもアンパンの中身をツナマヨにしたらそれをツナマヨつめたアンパンとは呼ばないよねって思った時期があるのだ。

 

クロワッサン・

 

オルディネール

とか

オ・ブール

とかでバターとかマーガリンとかそういう使われているもので後ろにつけて種類分けー

とかの意味もあったみたいだけど、結局前部分の肝である三日月の部分はかわってないわけで。

 

あんぱん・こしあん

あんぱん・つぶあん

 

とはちょっと違うのでは?

 

というメンドクサイ奴がいだく違和感。

さいころにクロワッサンって三日月って意味になんだぜーって聞いて、まっすぐなクロワッサン見て

 

三日月じゃないじゃん! こう……なんかこう……違うじゃん(語彙貧弱)……嘘じゃん! 嘘月じゃん。じゃあもう朧月夜じゃん!(?) だめだわ……もうこれはジャムパン食べるわ!

いやダメだ俺ジャムあんま好きじゃなかった……騙された……クロワッサンおいしいわ……

 

ってなったころまでとは言わないが、まぁ名前つけられてもそんなもんだよねとは思いつつも、そのころから違和感は小さいながら残り続けている。

 

というか、現代ではまっすぐでも今はバターが使われているとは限らないとかどっかで見たような気もする。まっすぐどころの話じゃない形状しててもクロワッサンと名付けている場合もあった気もする。

 

それがマジならもう俺は何を信じたらいいんだ……!

 

 

と深く考えるような話でもない。

 

まぁそんなにクロワッサン食う訳じゃないし、形違うからって味が悪くなるわけじゃないから困らないしな。わかればよくね? おいしく食えればいいのよ(今までの全てを台無しにするような発言)

 

クロワッサン見て、久しぶりに子供のころ感じたその違和感思い出したってだけの話。