溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

一万近くは自分にとってでかい数字

 

なろうで書いている小説のアクセス数が跳ねる時がある。

 

(最近の更新無し状態が200~1000いかないくらい。

跳ねた時4、5000~10000近くになる。

新しく書いているのが最近毎日更新してても平均100アクセス行かないくらいと考えるとかなりでかいのだ)

 

もろ地雷要素になるものを入れて書いている奴が。いやむしろ地雷要素いれたから伸びたんだとは思ってるけど。

 

更新がない状態でも関係なく跳ねていると一瞬焦るのだハートがチキンだから。

何回かあったが、毎回焦っている気がする。慣れない。

そして二日たとうとしているタイミングで気付くという。すぐ気付け。

 

ただただ

 

ヤッター! アクセス数伸びた! 理由? 知らない! そういう気分の人がいっぱいいたんじゃない?

 

と喜べる性格なら良かったが、まず

 

一体何が……?(震え

 

となる性格は損だと思う。

 

エゴサしてマイナス要素みた時今はちょっとしんどいからしないが、多分前みたいにどこかで紹介か何かしてくれた人がいたんだろう。前と同じの掲示板からの〇〇速さんですか? あってますか? そう思う。思いたい。思っておこう。思うだけでは害はなかろう。

ありがとうございます。ました。

 

なお、ここで礼をいったところで間違いなく届かないもよう。