溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

できたてほやほやの世界

 

世界は5分前にできた。

というやつがある。

 

聞くたびに思うのだ。

納期ギリギリでブラックデスマーチだったんか、と。

 

いやもうちょっと余裕もって実装して、どうぞ。と。

 

バグだらけでどうして実装しようと思ったのか。

5分前にええーい、やっちゃえーしたならそらバグも多いよ。

 

世界とはつまり

つもりにつもったバグに苦しめられるか

5分前ギリギリ実装したからバグだらけか

だという事である。

 

いや取り除いて実装しようよ。

このバグがぁ! どうなるかぁ! 見てみたいのでぇ!

じゃねんだよ。テスト段階で明らかに取り除けるバグは取り除いておいて、どうぞ。

 

5分前に実装するとき全体にうん万年のデータがあるように錯覚させる余裕があるならもっとやることあったでしょ!!!!!(情緒不安定)

 

だから2パターンあると思うのだ。

実際は5分前じゃない。

もしくは5分前に世界を起動した奴はサディストでゴミ屑みたいな性格をしている。

 

自然発生?

 

いや、5分前にできた、なら自然発生はむずくない? 逆に。

前からあるように想いながら大量発生する生き物って怖くない? 逆に。

5分前にできたなら蓄積がないのだからそこは何かしらのあれがいると考えたほうが納得いく感じはする。

 

もしくはループだ。

 

5分前にループしたのだ。

 

なんやかんやあって5分前に未来から今、過去ができあがったのだ! 新しい過去が!

 

みたいなエンディング迎えたてみたいな。わからない? わからないか。

 

じゃあなんか主人公的な奴が滅びの歴史から新しい世界をつくることで回避したてきサムシングがごちゃごちゃした結果できたコピー世界的なやつだから5分前で蓄積したようにも見える説とか(以下略