溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

上から別の効力のやつ貼ったら上書きされるか重ね掛けになるのかどっち

 

あるじゃないですか。

 

消費期限っていうやつ。

 

この時までしか効果とか色々保証できません……できませんよ……知りませんよ……自己責任ですよ……自己せき……自己責任って言ってんだろうがクレーム止めろや!!!

 

ってやつ。

 

そこで思ったんですよ。

 

お札、ってあるじゃないですか……

 

 

そうです。

 

なんかあったところにわかんないように貼ってあるらしいあれのことです。

 

 

あれ、消費期限ないんですかね?

 

 

剥がしたら終わり、みたいな話はきくじゃないです。

でも、じゃあ逆を言えば剥がさなければいつまでもつの? と。

割とみんな見つける時ボロボロパターン多くないですか……そんなになっても大丈夫ならもうそら

 

コスパえぐいなって。

 

缶詰とかでさえあれじゃないですか。

十年もたったら怖いじゃないですか。なんか。ものによっては。

 

つまりお札の効力が変えられるならもうこれは画期的ですよ……!

 

お札による保存食……これは……流行る……!

 

 

無理?

 

無理か。

やっぱそうかー。

 

でもあれだよ。

お札貼ったらでてこれない? みたいになるんだよな。

じゃあ生身にお札貼ったらフジミになるってことに……ならない? ならない? ならないのか……なんでだよ!!!(理不尽なキレ具合)

だって霊的なものをでてこれなくするんでしょ?

じゃあ生身にはったら保存でしょ。剥がすまで無敵タイムになれよ。

これも無理なら実際閉じ込められてないんじゃない? ちゃんとそのお札効果はっきしてる? 雰囲気だけになってないかい!(暴論)

 

壁に這ってるパターンってどこに封印されている扱いになってるんだろうね。

お札自体? だったら剥がしたところで大丈夫だろうし、壁か? 壁かな……薄くされてるのかな……そら出てくるとき怒るよな。

オラァ! 誰がスライスチーズだボケェ!

みたいなテンションなのかもしれん。

違う?

これも違うのか……俺にはもう何が何だかわからない……