溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

フリスビーみたいにして投げてはいけない。飛ばないからとか、そういう理由ではなくて。いや、生地作る時のあれは違う。

 

ピザというかピッツァというか。

 

ピザの定義とは何か。

 

昨今、日本のピザの種類を見てみるや、その数は増える一方である。

 

ピザ。

ピザといわれて何を想像するだろうか。

斜塔?

それはピサ。

 

定番すぎて寒くなった? そんな時こそピザを食え。

そういう寒さじゃない?

寒さは寒さでしょ!!!!(理不尽にキレる人のお手本)

 

ナポリ

ピザはいろんなところで魔改造されまくってる上に今日本の話したばっかりやろ。日本想像せいや

 

ピザ。

そのスタンダードはやはりトマトとチーズではなかろうか。それに葉っぱ乗ってる? うるせぇ! オシャレ気取りが! ケチャップとチーズのっけただけのお手軽ピザトースト食ってろ! それだけでうめぇだろうが!(暴言)

 

本場の人から見ると日本のピザはピザじゃない何かに見えることがあるらしい。

それはきっと、日本の人が海外の寿司みて『違う、そうじゃない』といいたくなるようなものに直面したそれとよく似ていることだろう。

 

でも多分日本の人だって数十年以上前の人が今のピザみたら戸惑うと思うよ。

ぴざ……え? ピザ……? えぇ……トマトソースもないどころかもはやチーズも乗ってないけど……いやうせやん。騙されんよ。うそでしょ。別の料理……本当にピザ? これが? マジで? 未来だわ……

ってなってもおかしくないでしょ。

まぁ、でももともとチーズ乗ってなかったりってのはあったわけだけど。あくまでも日本で脳が思い浮かべるものと違って戸惑う的な意味でね?

 

しかし、思えばピザは発祥はともかく、広く日本に伝わる形になってどうやら100年も経過していないのだなと意外な気持ちになる。

いや、そんな料理たくさんあるんだけど、ピザのルーツって古代エジプトとか? だった気がする。詳しくは知らんけど。

 

数千年前からゆっくりできたものがようやく伝わって100年経過してないって壮大だなぁ、

とかなんかそういうオチた風なこといっときゃまとめるんじゃなかって思っていってみておわる。