溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

懊悩OhNo煩悩盆ではない

 

文明の利器。

 

暑い冷たい寒い暑いができる。いろいろできる。

 

空気も清浄されたり……されたりするのだ。

 

暑い冷たいは↔反復横跳びするけど空気の清浄さは↔に飛び跳ねないな。

 

空気濁し機はないのだ。

空気清浄機はあるけど。

 

空気。清浄。

 

空気の煩悩を清らかにしている……?(清浄違い)

 

空気の煩悩とはなんだろうか。

空気にいくつの煩悩があるというのだろうか。

人が108煩悩があるらしいから空気だといくつになるんだろうか。

空気というまとめ方でいいのだろうか。

 

いや窒素の割合多いからもうその煩悩は窒素じゃんwwww

 

という勢力が出てきたりしないだろうか。

煩悩が窒素じゃん、といわれると窒素が煩悩のであるかのようではないか。

 

煩悩の塊とはつまり窒素だった……?

 

つまり除夜の鐘とは窒素を散らすための儀式だった……?

 

ということで(?)空気煩悩機が次に出るかもしれない。

いくら空気と言えど、毎度毎度の如く白く漂白されてはたまったものではないのだ。

清濁併せ持ちたい空気もあろう。

ということで空気煩悩機。

 

いやこの流れだと窒素の割合高くなるだけじゃん。

 

窒素中毒なるわ。

 

毒を掃除する、空気清浄機。

それは空気の毒も心の毒も。

 

あってる!(何)