溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

え? 何? ファンタジーの回復剤? え? 違う? ……ポーション違い?

 

世の中には二種類の人間がいる。

 

カフェインとうまく付き合える人間と、そうでない人間だ。

 

自分はちなみに後者である。

 

なんか覚醒効果があって元気になるような感じの物質。カフェイン。

なんだかんだプラシーボとか惰性とか習慣で飲んでいるという人は結構いるんではないか、カフェイン入り飲料。あと、離脱症状がヤダー! って人。

 

カフェインにwwwww離脱症状とかwwww

 

と思う人は幸せな人だ。

酷い人は日常愛飲できるものの対価としては結構重い症状がでてしまう。

自分はそこまで酷くもないが、長く飲んでいるのをやめた時は思いのほか辛かった覚えがある。なんか予想外です! って感じになるのだ。最初は体調を崩したんだと勘違いしたほどだ。

 

カフェインとうまく付き合いないけれど、全く付き合えないほどでもないという中途半端な耐性の自分は、コーヒーなんぞをちょっと飲みすぎると焦燥感が襲ってきてしまうのだ。

 

なんか……あかん! こらあかん! なんかしらんけど……あかんで!

 

と冗談にもならない状態に陥るのだ。

カフェインとうまく付き合える人間は、焦燥感になる前に効果を実感できるし飲みすぎてもそう酷いことにならない、らしい。

 

ここまでで何が言いたかったかというと。

 

羨ましい! 俺だって気にせず自由にコーヒーくらい飲める内臓がよかった!

 

というないものねだりでもんどりうっただけであったとさ。

 

世の中には二種類の人間がいる。

っていうありがちだけどあんまり使ったことないような書き出しをちょっと使ってみたかったという事でもある。

なんかかっこいいスメルがあるよね。たいしたこといってなくても。