溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

選択してないという選択

 

選ばれない選択肢に意味はあるのだろうか。

あると思う。

それが別の道をいくという事を意味するのならば、選ばなかったということも意味が出てくる時だってあると思うのだ。

けれど、それにとらわれると別の意味がでてきてしまう。

ずっと選ばれなかった選択肢に縛られることをきっと後悔という。

 

え? 何? いきなりぽえみー?

 

みたいなことを思ったかもしれない。

何が言いたいかって、これはそう、あれよ。

ただの前置きよ。

そして愚痴ぐちとしたちょっと湿った話でもあるのだ。

 

つまり、

 

 

(ゲームで)選んでも一緒の結果が起こる選択肢を選ばせる意味あるんですか……?

 

 

ということよ。

何の意味があんの?

と。

 

それで

ゲーム性出してます!

ってのはちょっと厳しくないです……?

って思う訳よ。

 

わぁ! 選択肢選べる! たーのしー!

 

ってなるの……?

選んだ結果何がかわることもないのに?

変わるならわかる。変化があるならわかるのだ。プレイヤーとしての選択することで拾うものと捨てるものがあるのだから。

 

→選択肢

A→ルートAに

B→ルートBに

 

選択肢ってこういう選択をするものじゃあないですか。

選択と選択で頭痛が痛いみたいになってるけど、そうじゃないですか。

 

→選択肢

A→そうだ! ××は〇〇なんじゃないか……?→だから▽▽なんだ!

Bちがう……××は〇〇なんだ……→だから▽▽なんだ!

 

みたいな。

結局1テキスト2テキスト変わるだけのその後なんのフラグにも役にも立たないような選択肢を選ばせるのって何なの?

それを選ばせることで誰がどう得をしているんだ……?

闇のルールがあるの?

選択肢を入れないと審査通らない的なサムシングなの?

 

心が狭いとわかっている。

わかっているが、何の意味、目的でおいてるのか理解ができないと毎度思ってしまう。

少なくともそれが『それをする目的』となることはないと思う。なのにそういうのはちらほら見るのだ。

何の目的であるんだろう、あれ。

いくつもある選択肢(行動変わる)の中でいくつかの本当にただの遊び心、というのならまだわかるんだけども。

個人的には意味のない誰も得しないような運ゲー要素くらいいらないと思う。

事前にわからないのが更に倍率でヘイトがドンである。

もちろん個人的な話でしかない。

 

何がといわないがそういう話だったのだった。