溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

続きをみないためにはこのボタンを押してくださいみたいな罠

 

いいねボタンがある。

youtubeならグッドに加えてバッドボタンがある。

 

世の中極端で割り切れるだろうか。

灰色の決断が必要な時だってあるのだ。

そんなんいってて無尽蔵に増えるのは本当に鬱陶しいけど

 

ってことで真ん中に曖昧な笑いボタンとかつけよう。

 

半笑いボタンとか。

 

……なんだろう、思い付きで無責任にいってみたものの、ある意味バッドボタンよりタイミングによっては厳しい気がする。不思議。

 

煽りですらあると思う。バッドとはいってないのに。

 

愛想笑いボタン……も同じか。

 

愛想笑いなんて日常で見るはずのものがボタンとかになると途端に煽りくさくなってしまうのはなぜだろう。何かに毒され過ぎだろうか。

 

清い心を取り戻し……清い心とか最初から持ってなかった気がするわ。

洗えないかなー、心。心の汚れは普通に買えるような洗剤で落ちるんだろうか。長年こびりついてヘドロみたいになってるのとか想像するだけで普通のじゃ無理っぽいと思うわ、なんか。

 

心が綺麗な人しか押せないグッドボタン

とかあったら今押しちゃいそうだよ。清いかどうかチャレンジよ。そんなチャレンジしてる時点で

 

心が綺麗な人しか押せないグッドボタンとかいう存在が心が清くない感じするこの矛盾な。

 

はだかのおうさま的なな。

 

あれって馬鹿には見えない服ということなんだけど、馬鹿に見えないという事実は変わらないんだから見えない人に対してはパンツ一丁姿見られても良いという解釈で会ってる?(色々違う)

 

馬鹿には押せないボタン

とかいうのはもはやどの方向への煽りになるのか。

いいねボタンも改悪して

 

いいですね!!!!!!!! いいと自分は思いますけどね!!!!!!!!!!!

 

くらい主張されると逆に押しにくくなりそう。

呟くアレはいいねーしかないわけだけど、これ単体だと押す人減少しそう。

一個なのもグッド表明なのも変わらないのに。

 

人は見た目で左右される生き物なんですよ。

そういうオチでどうですか。

使い古されてるし、唐突っぽくてダメか。

 

使い古されてるのは別にいいでしょ!!!!(爆発オチ的キレ芸で終わり)