溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

心に穴があいてるんだ……で穴が開く位置はそこでいいのか?

 

不安。

ざわざわとして落ち着かない、心地よくない振動がずぅっと続いているような状態だ。

 

誰かがバイブレーションを切り忘れたのかもしれない。

 

心のバイブレーション。

 

何かいいこといったような気がするフレーズだ。

 

心震える。

 

なんかいっぱい使われているようなフレーズになってしまった。横文字っょぃ……

 

心震える。

つまり不安だということだ。

 

俺の心を震わすような出来事はおきないものか……

 

等の発言はつまり不安になりたいのだ……!(暴論)

 

そういうことだったのか……ということになるかといえば、まぁそんなことはないのである。

不安で落ち着かない負のバイブレーションと、感動するような正のバイブレーションは違うのであった。

同じ振動であるはずなのに。

 

誰が判断しているんだ。振動の判断職人とかいるのか。たんたんと

 

あー、これはいい振動ですねぇ……

 

とかの研究をしているというのか。なんなんだ。どいうんだ。

 

心境を振動で表したら振動が心境によってことなるという言葉が意味わからなくなるから使えなくなるのだ。メビウスの輪めいている。

 

輪っか。つまり不安も転じて正にできるということであろうか。

そう簡単に出来たら苦労しないのである。

 

心震えるっていうけど、揺れるような材質で位置にあるのだろうか。がっちがちに固定されていればそれは震える隙間もないのだ。余裕がないとはこういうことか。

 

心。

心とはなんだ。

心臓か。

心臓が揺れる。

脈動するとか鼓動を刻むとかではないのだ。

揺れる。

 

位置ずれる……?

 

病気では……?

 

恋は心の病という。

でも心が揺れ動くと物理的にヤバいからそらは心ではなく体の病ということになりかねない。

 

つまり心は心臓ではなかった……?

 

脳だとすると結局揺れ動くとぶつかりそうであぶない。恋で行動が単純化されると切っとる場合やない。頭蓋骨でシェイクされちまうのなんざ誰も望んでいないのだ。

頭だとしてもあぶない。

だとすれば心とはどこにあるのだ……!

 

でも

 

あの人の事を考えると胸がしめつけられるんです……!

頭があの人だらけに……!

 

みたいな表現もきくから、つまり心とは心臓にも頭にも影響する器官だということなのだろう。分身してんのかよ。

だから場所どこだよ。中間か。

心臓と頭の中間。

 

の、喉?

 

心とは発声だった……?

 

発声転じて発生する。

心とはあなたとそなたの言葉の交流で産まれるなんやかんやなあれそれこれだったてことなんですよ!

 

わけわからんわ。寝ろや。