溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

特にない文

 

てきとうでも100日以上統一性とか整合性が何しても千字近くを毎日書くことなんてねぇ!(開き直り

 

ネタが毎日あるような人間でもないし、毎日何かをひねり出せるような頭でもないのだ。がちゃりこしてなにかぽんとでてくるような頭の人ってほんとすげーわ。どこで実装するんですか!

 

なるべく毎日続けようと思う理由の1つに、無理やりひねり出すことで何かがうまれてくれるじゃないか!

 

そういう期待が少しはあるわけであるが

 

まるでうまれてくれる気配がないのだ。

 

なんということだ。無精卵だったのか。

いつまで温めても無駄なのか。

 

いやいつかひよこでるかもしれぬ。

 

 

……?

 

ひよこ……?

 

ひよこがでて何が嬉しいのだ……?

 

俺はひよこを求めている……?

 

ひよこ……?

 

なぜひよこ……

 

いや、ひよこ可愛いとは思う。

 

鶏は……可愛いラインでいうと個人的には申し訳ないが微妙……それはどうでもよくて……

 

ひよこ。

 

癒される?

 

ひよこ故に。

 

癒し。

 

……癒しか。

 

俺の心を極限状態で産まれるひよこによる癒しを求めている……?

 

いや意味わからんがな。(ひよこ