溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

考え過ぎると頭オカルトなる

 

哲学者?

 

いいえ、デカルトではありません。

 

ということでオカルト。

 

小さなころはただただその存在自体が怖かった! 幽霊!(小学校卒業式感

 

そこから少しだけ時間を進めれば、ちょっと考えるようになってくるのだ。

 

待って、待って。

本能はともかく、どうして怖いと思ってしまうのだろうか。

と。

 

別段幼少期から今まで頭がよくなかった俺は、その小さなころだって当然頭が悪い。

つまり、

怖いものは怖いものなんだから仕方ないよね!

という結論に落ち着いてしまうのだ。なんという無駄な時間だろうか。もっとがんばれ。もっとがんばれと通知表に書かれて頭をひねれ。

 

更にそこから時を進めると、ある時いつか忘れたが、恐怖云々はおいといて、こう思ったのだ。

 

幽霊の数、少なくね?

 

と。

いや、頭がおかしくなったわけではない。

ホラー映画でもそういうのでも、幽霊というのは基本的にいても100体未満なのだ。

たまにとんでもなく幽霊が出てくるような作品はあるが、それでもせいぜい数万といったところだろう。

 

なくなる→幽霊になる

 

だと、

幽霊ってどうするん。

と思ったのだ。

どうするんとはあいまいだが、つまり、時間経過で消えるの? といったことである。

成仏しないとキエナインダ!

と、オカルト的な漫画や映画等では聞いたりするわけである。

専門の業者がいるとして、人が一日に亡くなる数、それが全てではないと仮定したって、膨大な数になると思うのだ。

 

……埋め尽くされてね?

 

と思ったんのだ。ある日の俺は。頭が悪いんだから仕方ないでしょ!(開き直り

幽霊見える人はもう、

 

ミシィ……

 

とすし詰め状態になった幽霊を見てあっぷあっぷしているのでは? などと考えたのである。

  

つまり、幽霊見える人暑苦しさを毎日覚えて気持ち悪いのでは?

 

などと、無関係な発想にいたる。