溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

とうふ

(´◦ω◦`)

 

お豆腐のようにやわらかく、時に硬さを持ったものになりたい。

驚きの白さになりたいのだ。

たまに揚げ出しで茶色をきめてもいい。

 

苦みを越えて、白く清く固まって、しかし柔らかく崩れるくらいになりたいのだ。

欠陥住宅のようなぼろぼろさじゃなくて、なんかちょっと箸でうまくつかめばいけるやん! くらいの柔軟性が欲しいのだ。体は硬い。そこは関係ないけど。

 

出汁をかけられてそれにそめられるものでありたい。

流されても流されていない水につかってたゆたう存在でありたい。

 

あぁ、とうふ。

とうふおとうふ。

 

なんだよ、とうふとか味ないじゃん。

とかいうなよ。揚げ出し豆腐とか超おいしいだろ。

湯豆腐の味をわかるんだよ。

塩分多めの食事をしていたんだなって気付くのだ。

 

でも、びたびたに醤油かけた豆腐っておいしいよね。

ああ、二律背反。

あぁ、ちょっとかための豆腐もいいよね。

 

だいずだいずで超大豆(まとめ