溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

頭がヘッドになっちゃう!

肩が爆発しそうとかいったり頭が爆発しそうと思ったり、俺はどうやら爆発にでも憑りつかれてしまっているかのようだ。

 

爆発に取りつかれるってなんだよ。

いつから爆発はそういう意志ある存在になった。

いやでも、狂気に憑かれるとかいう表現あるし、俺は数学に憑りつかれた男さ……みたいな中二病台詞もきかなくはない。

つまり、爆発もそれに準じるところ間違いはないのでは?

 

とはいえ、何も俺が爆発に傾倒しているというわけでもなし、学問や趣味等に熱心になるようにいうことはずれているのだ。

だって、俺は肩も頭も爆発させたい! とか思っていないわけである。なんだその危ない奴はって思う。いたらね。

大体からして、爆発も比喩だ。爆発しそうなくらいなんか痛みとか留まるものを覚えている、という表現なのである。

だからなんだという話だ。何を言いたいのかわからなくなってくるぞ。

うぅっ! 頭が……

 

頭がっ悪いっ……!!!

 

知ってる。

 

それは今更確認するまでもない事なのだ。違う違う。何の話題してたかって事だよ。

そうだよ爆発だよ。

違ぇーよ、肩とか頭とかやたら痛むなって事だよ。本筋は。えらい遠回りしたなぁおい。

なんだろうね。呪いかな?

爆発の呪い? やめろ堂々巡りになる。やめよう。

 

きっとお米の神様が米神をいじっていくことに目覚めたんだよ(すごい冤罪

 通りすがりに俺の米神をつま先でえい! ってしてるんだよ。ちくしょう。見えねぇ(そういうのが見えたら見えたでヤバい奴

やめてくれよ。こいつ蹴りやすいな! って思うのやめてくれよ。お前ボールな! ってやるのはやめてくれよ。お米の神様がそんなんじゃ、もうこしもひかれないよ。別に俺が光らせてるわけでも本当に発光しているわけでもないけど(発光してたらやばいやつ

 

 

くそっ。仕返しに米食ってやる(仕返しにならないまとめ