溶ける寸前の雪だるま

溶けきるまでの日々。ネタのような雑記のような創作のような文章を垂れ流しているブログ。

腹痛が治らないから何か予告風の

 

トイレは、いつだって近くにあったんだ――

 

「ねぇ! 腹痛がなくなるの! それって素敵なことじゃない?」

 

ある日突然開いた、新しい世界への扉。

 

「でも、それって本当にいい事?」

 

「いいことに決まってる、痛みなんて少ない方が嬉しいだろ」

 

「そう……よね」

 

それは、腹痛と便意の、遠い戦いの始まり。

 

「馬鹿なことをっ!」

 

       「僕はね、もう腹痛を感じない。つまり、無敵って事さ!」

 

  「トイレに! いくんだっ!」

 

「腹痛を感じることが人間なんだって事なのかもしれない……」

 

  「便器はいつだってそこら中にあるから、だから争いなんて生まれる!」

 

「ね、次のトイレはいつ?」

 

      「お前のような奴が使えるトイレはここには――ないっ!」

 

腹痛と解放される者たちは、やがて一つに収束していく。

 

「パーキングエリアに、トイレがあるなんて、当たり前のことだったんだよ……当たり前の……」

 

トイレ、いつ行きますか?

 

 

BEN

 

 

近日公開

 

 

 

 

 

しない。

 

ああああああ!

 

あああああああああああああ!

 

俺の腹痛も綺麗に水で流してくれぇぇえええ!

 

戻れ腹の調子!(願い